紫外線対策

お肌ためには日焼けは悪いと思いながら、紫外線に対しての用意を怠ってしまう時があります。

春から夏のシーズンは一年の中にあっても、紫外線が特に強くなるピークですから、一番注意しなければなりません。

 

紫外線対策の必要性

紫外線が当たってしまったお肌は加齢現象が進行する事が明らかになっていて、美容の天敵と言えます。

なるべく紫外線が当たらないように注意している女の人もたくさん見られますが、わずかな不注意で紫外線が肌に当たるケースがあります。

 

紫外線を留意したいケースには、洗濯物を干している作業中です。

 

いくら早くても洗濯物を干すとすると10分前後必要になってしまいますし、太陽があがってから乾かす人がほとんどです。

紫外線がお肌に当たる時間を考えると、日に10分ずつの洗濯作業は、間違いなく少ない時間とは言えません。

 

短時間の油断が大敵

たかが10分だったとしても、洗濯物を干す事は一年中ですから、そのことが365日積み重ねると思うとお肌への負担は非常に大きいものと言えます。

洗濯作業を行なう際も、日焼け止めクリームをつけたり、UVカット加工の帽子を被ったりするなどして、注意しましょう。

 

ご近所への移動や、屋外での作業など、その都度はちょっとした間でも、累積すると長時間です。

 

ゴミを出しに出かけるのは起きた直ぐ後ですので、日焼け止めクリームもメイクもなしに行きますと言う方もいらっしゃるようです。

わずかな時間でも、家の外で作業を行なう必要が生じるケースでは、日焼け止めクリームなどの手段で自己防衛した方が良いでしょう。