シミ 内服薬

シミ取りにはぬり薬だけに限らず飲み薬があって、有名どころにトラネキサム酸があります。

そもそも、トラネキサム酸は、止血の為に使用されていた薬だったとのことです。

 

シミ対策の内服薬

よくあるシミというわけではなく、ホルモンの理由によりできてしまう肝班用に、トラネキサム酸が処方されることが多いとのことです。

トラネキサム酸は、約3ヶ月服用したら効果的だと言われています。

 

3ヶ月服用したらそれより後の3ヶ月は服用するのを止め、再び服用するというような流れを何回も行うと良いというのが一般的です。

サプリで、シミ取りに効果が期待できる成分を体に取り入れることにより、お肌を白くするという方法もあります。

ビタミンC、Eが含有されているサプリを飲むことから、お肌の具合が快方に向かうというのです。

 

いろいろなビタミンがまとめて含有されているサプリは、日焼けした後のお肌のお手入れに便利です。

ですが、サプリでビタミンの成分を積極的に導入すると、そうすることによりシミ取りが望めるわけではありません。

 

ビタミンサプリとシミ

シミ取りにビタミンが力を発揮すると言われるのは、ビタミンを摂り入れることを通してお肌が新しく作り変えられやすくなり、シミが見られる古い表皮をカラダから出しやすくなるからなんです。

ビタミンなどによって体の抵抗する力を引き出す事が可能なので、シミ取りでは無くシミの予防をしてくれる働きがあるのです。

 

美肌効果があるクリームやサプリでシミを目立たなくするといった方法が存在する一方、クリニックでシミをケアしてもらうというのも有効です。

 

シミ取りの理由から薬を出してもらえるのでしたら、効き目は服用しすぐ確かめられる物が多いとのことです。

いざとなれば皮膚科も考慮すると悪くはないと思います。