シミ 肝斑

 

ホルモンの分泌が影響を及ぼして出来た顔のシミには、肝班と言われる分類の物が上げられます。

顔の肝斑と呼ばれているのは、目の周囲や頬の周り、おでこ、鼻の横等に左右対称にできる薄めのシミの事です。

 

シミとは違う肝斑

肝斑はよくあるようなシミとは異なり、シミの線が明瞭になっていないということが特徴になります。

ホルモンの活動が影響していることから、肝班は濃く出現したり、薄くなったりと様子が違ってきます。

肝班が発生するのはほぼ女性で、30代以上や、避妊薬を飲み薬とし服用している人や、子供を授かっている人も当てはまります。

 

肝班に関しては、レーザーによるシミケアをすることは不可能です。

人によって、シミが一段と濃い色になってしまうということがあるためです。

肝班が出来たケースでは、飲み薬を基にしている治療法が通常です。

 

肝斑の治療法

トラネキサム酸と言われる薬が活用されており、これについては昔は止血剤として扱われていた物を錠剤としたものになります。

肝斑は紫外線の理由で出来るシミとは違って、ホルモンバランスの不調からくるものです。

 

バランスを崩すとプラスミンと呼ばれる情報伝達物質が分泌されて、メラニンの生成を盛んに行わせてしまうそうです。

メラニンの生成を抑制するトラネキサム酸を使用することによって、肝班が肌に出来ない状態にするという原理です。

 

シミが発生するメカニズムはそれぞれに異なっています。

そのメカニズムにふさわしい治療の仕方がマストです。

どのような属性のシミが顔に出来たのかを見極め、そのシミに応じた治療のやり方でシミ治療にチャレンジして行けば間違いないでしょう。