年齢を重ねるにつれてお肌の悩みは増えてくる傾向がありますが、その中でも「しわ」を気にする女性は多いことでしょう。

しわがあることによって実年齢よりも老けて見られるようになるので、女性にとっては悩みの種になりやすいのも事実です。

しわができる原因にはいくつかあるのですが、その中の一つに「紫外線」があります。

 

紫外線は、夏の暑い時期や晴天の日にだけ発生しているものと認識している人もいるかもしれませんが、実は天候に左右されることなく一年を通して浴びています。

紫外線を直接肌に浴びることで、真皮や表皮にダメージを与えて肌の弾力を低下させてしまったり、体内に活性酸素を増やすことで酸化ストレスがたまってしまうので、結果的に肌の老化を促進させてしまうことになります。

改善の為には、普段の生活の中で紫外線対策を行う必要があるでしょう。

 

具体的には外出時には、紫外線を防止できる成分が含まれてクリームやジェルなどを顔や腕、足など肌を露出している部分に塗付したり、日傘やサングラスなどのアイテムを利用することがおすすめです。

他にも、食べ物でも紫外線を防止することができます。

リコピンを多く含む「トマト」やベータカロチンを含んでいる「人参やサツマイモ」など、抗酸化力の高い食べ物を毎日の食卓の中に取り入れて体に摂取することです。

 

中でも一番のおススメは「バナナ」で、バナナにはビタミンB群をはじめカリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

バナナを毎日一本食べるだけで、紫外線を浴びても体内でメラニン色素を酸化させることなく、体外へ排出することができるようになります。

スーパーやコンビニエンスストアなど身近な場所で入手することもできて、コストも安いバナナを食べてあなたもエイジングケアをはじめてみてはいかがでしょう。

毎日の生活の中で、これらの簡単な紫外線対策をするだけでしわのない若々しいお肌を手に入れることができるようになります。