肌をいつまでも美しく保つためには、最早紫外線対策は常識中の常識です。

最近では男性でも日焼け止めや日傘を使う人が増加しており、同時の紫外線の怖さを改めて実感するケースも多いでしょう。

では何故紫外線対策をしなければならないのか、それはシミやシワの原因となるからです。

 

肌は紫外線を受けると表皮がメラニンを生成し、所謂これが日焼けのきっかけにもなります。

しかしこのメラニンは肌の代謝が衰えたり年齢を重ねることで、どんどんどんどんと肌に残りやすくなっていくのです。

結果日焼け自体は時間と共に引いても、一部分にシミとして黒く残ります。

このシミはある程度メイクで隠せても根本から除去するのは大変なため、なるべくメラニンを作らないよう生活していく必要があるでしょう。

 

次にシワは、表皮の下にある真皮にダメージが加わることで生まれます。

表皮も可能な限り真皮を守ろうとしますが、さすがに完全ではありません。

そしてダメージを受けた真皮は潜在的に老化していき、知らない間にシワの原因として積み重なっていきます。

シミもシワもすぐに表には出ないため軽視しがちですが、逆にあるタイミングで突然一気に出ることもあるのが厄介です。

よってある日から急に老けて見られるようになったという話も、決して珍しくはないことを覚えておいてください。

 

以上のように、女性なら避けて通りたい言葉が沢山並んでいます。

これが紫外線対策をすべき一番の理由であり、同時に重要性を表す要素でもあるのです。

もちろん屋外に極力出ないようにすれば、それに比例して受ける紫外線量も減ります。

ただそういった生活を実現するのは難しいことから、やはり日焼け止めは必須となるはずです。

 

また夏だけが要注意季節ではなく、実は春や秋にも紫外線対策は非常に有効です。

曇りや雨の日でも地上には紫外線が届いていますので、対策を忘れないよう習慣にしておくのをおすすめします。

女性にとって、肌の美しさは命です。それを長く保つために、これを機に改めて紫外線について考えてみましょう。