スキンケアでホワイトニングをする場合、気をつけておきたい点があります。

数あるホワイトニング成分の中で、特によく見聞きするのがビタミンC誘導体です。

ターンオーバーを促進し、メラニンの排出を促す効果があるのが特徴です。

また抗酸化作用や皮脂をコントロールする働きもあります。

 

一方で、肌が乾燥気味の人は乾燥がひどくなることもあります。

ビタミンC入りのコスメを使う時は、保湿も忘れないでおきましょう。

それからアルブチンです。

これもすっかりお馴染みになったホワイトニング成分で、メラニンを作り出すチロシナーゼ酵素を抑えるため、シミや日焼けを予防することができます。

 

ただし、できてしまったシミには効果がありません。

予防効果という意味では、コウジ酸もかなりの効果があります。

こういう守りの成分とビタミンC誘導体のような攻めの成分とを、うまくスキンケアに採り入れることで効果的なホワイトニングが期待できます。

 

その他にはビタミンA誘導体であるトレチノインも、ターンオーバーを促進してメラニンを排出する働きがあります。

このトレチノインは小じわや、皮脂のコントロールにも効果を発揮してくれます。

また、皮膚科などでよくお目にかかるホワイトニング成分として、ハイドロキノンやトラネキサム酸もあります。

ハイドロキノンは今あるシミを薄くし、さらにメラニン生成を予防する成分で、ある意味理想のホワイトニング成分です。

 

しかし刺激もあるので、ハイドロキノン配合のスキンケア製品を使う時は、事前にパッチテストをするのがお勧めです。

トラネキサム酸は元々炎症を抑える働きがあり、シミの予防に加えて、赤みのあるシミを鎮静化してくれます。

一口にホワイトニング効果のあるスキンケアコスメと言っても、ざっとこれだけの種類があります。

ですから、まず自分の悩みが何でであるのか、シミを薄くしたいのか、これからシミを作らないようするのかを確認したうえで、自分に合った成分のスキンケアアイテムを選ぶようにしましょう。