加齢による活性酸素の増加や摩擦による刺激やホルモンバランスの乱れなどシミの原因には様々なものがありますが、最大の原因と言えば紫外線です。

紫外線を浴びることが肌ダメージとなり、メラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を引き起こすことでシミが出来てしまいます。

出来てしまったシミはなかなか消えません。

色素沈着が進めばシミはどんどん濃くなっていきます。

ですので、出来ないように予防をすることが有効的な美白ケアにつながります。

 

予防のために積極的にすべきことは、徹底的なUVケアです。

UVケアにおいて注意すべきことはたくさんありますが、日差しの強さや弱さで紫外線の量を判断しないということもその一つです。

真夏の日差しはとても強いので、紫外線量が多いということがわかりますが、紫外線は季節を問わず年中降り注いでいます。

3月頃から増え始め、5~8月頃がピークとなります。その後、多い状態は10月頃まで続きます。油断せずに、春から秋にかけてしっかりとUVケアを行うことが重要なポイントとなります。

気温が低い日や曇りの日も要注意です。

具体的なUVケアの方法としては、PAとSPFの数値が高めの日焼け止めクリームやUVケア化粧品やベースメイクアイテムで肌を守る、しっかりと遮光することが出来る日傘をさしたりつばが広い帽子をかぶったりする、抗酸化作用があるビタミンCをたっぷりと摂ってメラニンの色素沈着を抑制する、保湿ケアをして角質のバリア機能を高めメラニンの色素沈着が起こりにくい肌環境に導くなどがあります。

 

日傘や帽子や日焼け止めなどによる物理的な対策にプラスして、ビタミンCの摂取という体の内側からの対策も必須です。

ビタミンCは水溶性のビタミンであるため、体内で不要になった分は尿と一緒に全て排出されてしまいます。

体内に長くとどめておくことが出来ないという性質がありますので、サプリメントなどでこまめに少しずつ摂取するという方法がベストです。

日差しの強さと紫外線量の多さは比例しないということを正しく理解し、積極的なUVケアと美白ケアに努め、シミの無い透明感に満ちた美肌を手に入れましょう。